お皿の楽な梱包方法

お皿の楽な梱包方法

 

 

お皿をそのままダンボール箱に入れてしまうと
荷物の運搬中に割れてしまう確率が高くなります。

 

 

しかし、割れないようにするためには、
お皿1枚1枚を新聞紙で
包んでガムテープで止めるという
とても面倒臭い作業をしなければいけません。

 

 

そこでお皿を重ねて、
まとめて梱包する方法を教えます。

 

 

使用するのは、サランラップとエアーキャップ

 

 

お皿を何枚か重ねて、
サランラップでグルグルと巻いていきます。
そして最後にエアーキャップで包みます。

 

 

これだけで1枚1枚、新聞紙で巻く手間と
同じだけの効果が得られます。

 

 

重ねているので
ダンボールのスペースも取りませんし、
とても簡単にできます。

 

 

補足でワレモノを詰める時の注意点も書いておきます。

 

 

  • ダンボール箱の底には、緩衝材をを敷いておく。
  • エアーキャップでも丸めた新聞紙でもいいです。

  • ワレモノも必ず重い物を下にする。
  • 基本です。

  • 隙間には、必ず新聞紙を詰めておく。
  • 隙間があると割れる可能性が高まります。

  • ガムテープで止めたら振ってみて固定されているか確認。
  • 隙間を埋めたつもりでも振ったら中身が動いては、意味がありません。

  • ダンボールには、ワレモノ注意と書いておく。
  • 引越し業者の方など荷物を運ぶ人が分かるようにしておきましょう。