引越しの荷造りで抑えておくポイント

引越しの荷造りで抑えておくポイント

 

 

まず、いらないものを処分することからはじめましょう。
家族での引越となると
100近くのダンボール箱の数にもなります。

 

 

引越しは、要らないものを処分する絶好の機会です。
「今は使わないけどいつか使うかもしれない」
というものは、売るか捨ててしまいましょう。

 

 

そういうものを取っておくと、
また片付けをする時に出てきて、
そこで同じことを繰り返すだけです。

 

 

荷物を減らぜば、引越し費用も節約できますし、
引越し先での荷物の整理も楽になります。

 

 

まずは、、大きな物から

大きな物を捨てるには、
地方自治体に申し込まなければいけないので
粗大ゴミの処分に2週間程かかってしまいます。

 

 

ですから引越し先が決まったら
まず、いらない家具や家電などを
整理して地方自治体に連絡しましょう。

 

 

いらないものが整理できたら
いるものをダンボールに詰めて行きましょう。

 

 

ダンボールに詰める時のポイント
  • シーズン的にすぐ使わないものを分ける。
  • 重い物から下に詰める
  • 重い物は、運べなくなるので小さな箱に詰める。
  • 軽い物は、大きな箱に詰める
  • 1人で持てる重さにする。
  • 荷物を詰めたらダンボールに「誰のものか、何が入っているか、どの部屋におくか」書く。
  • ワレモノや精密機械が入ってるダンボールには、「ワレモノ注意」などと書いておく。
  • 引越し業者がダンボールを見ただけで何が入っていてどの部屋に運ぶかわかるようにしておく。
  • 引越し先についたらすぐ使う、掃除用具やはさみなどを詰める専用のダンボールを用意する。
  • 調味料やシャンプーなどの液体類を詰める時は、必ずフタが閉まっているか確認し、ビニール袋をかぶせて輪ゴムをつける。そうすれば割れてこぼれても他の荷物が汚れない。
  • お皿を積める時は、重さで底が抜けることがあるので小さいダンボール箱に詰め、新聞紙を丸めてダンボールの底に詰めておく。お皿はめんどくさくても1枚づつ新聞紙で包む。お皿の隙間にも新聞紙を詰める
  • 包丁やアイスピックなど危険なものは、刃の部分を新聞紙で巻いて、ガムテープで巻く。衣類は、引越し業者が用意してくれるハンガーケースを使うと楽。
  • 布団は、引越し業者が用意してくれる布団袋を使うと楽。

 

 

その他の荷物

貴重品をダンボールに詰めると
後でトラブルがあっても
引越し業者に責任を追求できないことになっています。

 

 

現金、通帳、印鑑、宝石類、有価証券などは、
自分で持って行きましょう。

 

 

冷蔵庫の中身は、できるだけ引越し当日までに使い切るようにし、
冷蔵庫は、引越しの前に日に水を抜いておきましょう。
洗濯機も前日に水を抜いておきましょう。