単身パックの料金は、安いのか?

単身パックの料金は、安いのか?

 

荷物の量が少ない人向けに
単身パック」というものがあります。

 

 

特徴は、料金がお手軽だし
家まで来て見積もりを出してもらうわ無くても
いいという点です。

 

 

決まった幅のボックスがあり、
その中に入るという条件を満たせば
それなりのお手軽な料金で引越しできるというものです。

 

 

大手では、日通とクロネコヤマトが強いです。

 

 

例えば日通の単身パックは、こうなっています。

 

単身パックSサイズ 単身パックLサイズ

■料金
17,850円〜

■料金

18,900円〜

 

■Sサイズ(内寸)
横幅 108cm
奥行 74cm
高さ 154cm
■Lサイズ(内寸)
横幅 104cm
奥行 104cm
高さ 174cm

■容積
1.23

■容積
1.88

■Sサイズで積める荷物の目安
冷蔵庫(2ドア・109リットル)
薄型テレビ(20インチ)
テレビ台(小)
電子レンジ
掃除機
カラーボックス(3段)
姿見(全身を映す鏡)
布団
日通ダンボールMサイズ(517mm×343mm×343mm)4個
■Lサイズで積める荷物の目安
冷蔵庫(2ドア・109リットル)
薄型テレビ(20インチ)
テレビ台(小)
電子レンジ
掃除機
カラーボックス(3段)
姿見(全身を映す鏡)
布団
日通ダンボールMサイズ(517mm×343mm×343mm)5個
洗濯機(4キログラム)
衣装ケース(39cm×53cm×23cm)

■保険
料金には、1BOXにつき、100万円の運送保険がついています。

■保険
料金には、1BOXにつき、150万円の運送保険がついています。

 

 

一見お得のような単身パックですが
ディメリットもあります。

 

 

まず包蔵資材に別途料金がかかるという点です。
日通の単身パックですと
下記のセットで2,940円かかります。

 

  • ダンボール Sサイズ 4枚
  • ダンボール Mサイズ 6枚
  • クラフトテープ 1本
  • フトン袋 1枚

 

 

また、これが一番のディメリットですが
引越し費用が高くなるケースがあるということです。

 

 

基本的にボックスは、あまり大きくないので
本当に部屋の中にあまり物を置いていない
シンプルな生活をしている人だけに向いているサービスです。

 

 

そして最初にも書きましたが
普通の引越しでは、必ずある、
訪問見積もりがありません。

 

 

これは、メリットでありますが
ディメリットにもなります。

 

 

つまり、引越しの当日に
「ボックスに荷物が全部入らない」
というケースがあるということです。

 

 

こうなるとボックスをもう一つ追加することになります。
すると安いと思っていた単身パックが
逆に高くなってしまうのです。

 

 

2万円で行こうと思っていたのに
3.5万円くらいになってしまうということです。

 

 

さらに近場なら単身パックでなくても
2万円以下でいける格安引越し業者は、沢山あります。
安い業者では、1.5万円でいけるところもあります。

 

 

ですから
「自分は、単身で荷物が少ないから
 最初から単身パックを使おう!」
という考えは、間違っています。

 

 

必ず無料の一括見積もりを使って
複数社の引越し料金を比較してから
一番安い引越し業者に頼んだ方が
引越し費用を抑えられる可能性が高いです。