軽トラで自分で引越しをする

軽トラで自分で引越しする

 

 

20kmくらいの引越しだから
引越し業者に頼まずに
自分で軽トラックなどをレンタルして
引っ越そうと考えてる方もいるはずです。

 

 

もちろんその方が料金は、安くなります。

 

 

自力で引越しをするケースで必要なものは、

 

  • 人手
  • トラック
  • 工具類
  • 荷造りロープ
  • 包装資材

 

といったものです。

 

 

1人で引っ越す場合
1人ぐらいでワンルームに住んでいる方なら
たいして荷物がないので

 

 

レンタカーで軽トラックを借りて、
あとは、重い家具や家電を運ぶために
友達数人に引越しの手伝いを頼んでおけば可能です。

 

 

しかし、失敗例もあります。

 

 

友達を呼びすぎて
謝礼が引越し業者に頼むのと
大して変わらない
くらいになったり

 

 

引越しの日に最小限の人数にしていたら
友達が急用でこられなくなって
重い荷物が運べなくなった。

 

 

ということもあるので注意しましょう。

 

 

家族で引っ越す場合
家族で引っ越しする場合は、
自力でやると後で後悔したという方がとても多いです。

 

 

荷物が多いので何回も行き来することになり、
トラックに積んだり、降ろしたりの作業は、
想像以上にキツイようです。

 

 

ですから家族の場合は、
車に積めるものだけ自力でやって
残りを引越し業者に頼みましょう。

 

 

よくある失敗例ですが

 

 

まず、大きな家具や家電製品の破損です。
素人が運ぶとどうしても落としてしまうとがあります。

 

 

また運ぶ途中に壁や床にぶつけてしまい
賃貸の物件に傷を付けてしまうこともよくあります。

 

 

さらにお父さんが無理をして、
腰をやってしまうことや
子供が怪我をしてしまうこともあります。

 

 

あまり節約しようとすると
かえって、マイナスになることもあるので
無理をしない範囲で自分たちでやることが重要です。

 

 

大きな家具、家電は、引越し業者にまかせてしまいましょう。
包装やオプションサービスのところで
できるだけ節約するようにしましょう。