結婚や同棲生活の引越しのポイント

結婚や同棲生活の引越しのポイント

 

 

結婚や同棲生活での引越しが
通常の引越しと違うのは、
立ち寄りしてほしいケースがあることです。

 

 

別々に住んでいる二人の旧居から
1つの新居に引っ越すわけですから
最初に男性の方の家で荷物を搬出して
次に女性の家に立ち寄って荷物を搬出して
新居に荷物を搬入するということが可能です。

 

 

二人の住まいと新居の位置にも寄りますが
別々に引越し業者に依頼するより
まとめて一つの引越し業者に頼んだ方が
1台のトラックで済むので安く行けることが多いです。
とりあえず見積もりの時に引越し業者に聞いてみましょう。

 

 

立ち寄り引越しについて
引越し業者のサイトでは、
下記のように書かれていました。

 

 

 

引越しのサカイ

2カ所からの引越や2カ所への引越は対応してもらえますか?

 

2カ所からのお引越、2カ所へのお引越にも対応しております。
弊社のホームページから見積依頼をご登録いただく際は、
2カ所からの引越の場合は、引越先から遠い場所を引越元住所として登録して下さい。
2カ所への引越の場合は、引越元から遠い場所を引越先住所として登録して下さい。
お近くの営業所から担当営業員がお伺いした際に、詳しくご説明させていただきます。
お見積はすべて無料となっておりますのでご安心下さい。

 

 

アーク引越センター

2か所からの引越しや、2か所への引越しもできますか?
はい、可能です。さまざまな引越し方法に対応できますので、
お見積りの際にご相談ください。

 

 

家電の処分

 

次に二人が一つの住居に住むということは、
洗濯機や冷蔵庫や電子レンジなど
2つも必要ないものが出てきます。

 

 

こういう場合は、
二人でどちらのものを使うか決めておいて
処分するものがあれば早めに手続きをします。

 

 

地域の粗大ゴミ回収を依頼する場合は、
引取り日を予約しなければいけませんので
2週間前には、連絡しておきましょう。

 

 

また洗濯機やテレビや冷蔵庫やエアコンは、
家電リサイクル法により
購入店か買い替え店か家の近くの家電小売店に
リサイクル料金を支払って引き取ってもらうことになります。
こちらも早めに連絡をしておいて
引越し日の前の日くらいに
引き取りに来てもらえるか確認しておきましょう。

 

 

引越しが急で処分が間に合わない場合は、
不要な家電などを引き取ってくれるサービスを
引越し業者がやっていることがあるので
そちらでお願いしましょう。