引越しの訪問見積もり

引越しの訪問見積もり

 

 

引越し業者のサイトで見積もりを出したら
次は、訪問見積もりになります。

 

 

訪問見積もりでは、指定した日時に
引越し業者の営業の方に家まで来てもらい
荷物の種類と量を確認してもらいます。

 

 

大きなピアノなど
玄関から出せない荷物がある場合は、
特殊機械が必要になるので、それらの必要性も確認します。

 

 

他にもエレベーターを使って荷物をおろせるか?
トラックを横付けできるか?
といったことも確認します。

 

 

そして、実際の引越し費用がいくらかかるのか
正式見積もりを出してもらいます。

 

 

営業の方が来る日までに
あなたがやっておかなければいけないことがあります。

 

 

それは、引越しで持って行かない物を分けておくことです。

 

 

引越し業者の営業の方は、
部屋の荷物を見渡して
トラックのサイズを決めます。

 

 

もし、持っていくか決めていない荷物が大量にあれば
営業の方は、それも含めて計算します。

 

 

その荷物のせいで
2トントラックでは、厳しいと判断され
4トンにされると急に引越し料金がアップしてしまいます。

 

 

ですから引越し業者を呼ぶ前に
捨てる物、売るものだけは、決めておきましょう。

 

 

注意が必要なのは、
業者に来てもらった後に判断が変わることがあります。

 

 

「売るつもりだったけど売れなかったし、、
 引取にも手数料がかかるからやっぱり持って行こう」

 

 

このようなケースで特に大きな荷物の場合は、
引越し業者に確認の電話を入れましょう。

 

 

勝手な判断で荷物を増やすと
後で高い追加料金を取られることがあります。

 

 

その結果、処分する手数料より
引越し料金の方が高くついてしまうことがあります。

 

 

必ず引越し業者に確認して
見積もりのままの引越し料金でいけるか聞いてみましょう。

 

 

 

値下げ交渉をする

 

 

引越し業者の営業の方から
見積もり金額を聞いたら
値下げ交渉をしましょう。

 

 

値下げ交渉をする時に一番効果的なのは、
他社と料金を比べることです。

 

 

そのためにあらかじめ
一括見積もりサイトから申し込んで
同じ日に時間をずらして
複数の業者に来てもらうようにしておきましょう。

 

 

そして各業者が家に来るたびに
他の業者が出してくれた見積もりを使って
これより安くならないか聞いてみましょう。

 

 

また、何社かの営業の方と交渉をしていくと
大体その業者の社員教育のレベルがわかります。

 

 

営業の態度がひどいと
引越しスタッフの教育もきちんと
されていない可能性があります。

 

 

ですから似たような金額を提示してきたら
営業の方をみて、引越し業者を選びましょう。

 

 

あとよくあるパターンとして
「その場で即決してください」
と言ってくる業者があります。

 

 

そういう時は、
会社から引越し料金がでるので
会社から必ず複数の見積もりを取るように言われている
と言って断りましょう。

 

 

特にその日の最初に呼んだ業者が
即決を求めてくる場合は、断りましょう。

 

 

相場がわからない状態で即決するのは、
リスクが高いです。

 

 

仮にそこが一番安くても
似たような価格の業者があると思うので
そこに「前の業者は、この金額を出してきましたよ。」
といって値下げしてもらいましょう。