引っ越し パスポートの手続き

引っ越し パスポートの手続き

 

 

引越しをして住所が変更になった場合
パスポートの変更手続きが必要な方と
必要でない方がいます。

 

 

パスポートの変更手続きが必要な方は
婚姻や養子縁組等により、戸籍上の姓を変更した方と
本籍地の都道府県名が変更となった場合です。

 

 

同じ都道府県内で本籍を変更した場合は、
パスポートの変更手続きをしなくていいです。

 

 

パスポートの変更手続きが不要な方は
パスポートの最後のページの「所持人記入欄」を
自分で二重線や修正テープで消して
新しい住所を書いておくだけでいいです。

 

 

パスポートの変更手続きが必要な方で
本籍地の都道府県名が変更となった場合
というのがどういうことか説明していきます。

 

 

引っ越しをする人は、
住民票だけを移す人と
本籍まで移す人がいます。

 

 

本籍を移すと
戸籍謄本を家の近くで取得できます。

 

 

しかし本籍が実家にあると
実家でしか取れないので自分で取りに行くか
代理の人に郵送してもらわないといけません。

 

 

よって進学や転勤などで
その住所に長くいるか不明な場合は、
住民票だけ移しましょう。

 

 

結婚してその地域で
長く住むのであれば
本籍を移しましょう。

 

 

 

パスポートの変更手続きが必要な方は、
旅券センター等で手続きを行います。

 

 

家から持っていく物は、
下記の4点です。

 

 

  • 戸籍抄本または戸籍謄本(6か月以内に発行)
  • 現住所が確認できるもの(運転免許証など)
  • パスポート
  • 900円(手数料)

 

 

旅券センターについたら
旅券課窓口にある「一般旅券訂正申請書」に
記入して提出しましょう。

 

 

申請してから約2時間後に受け取れます。
その日に受け取れるのは、
午前9時から午後2時30分まで申請した方のみです。