引越し業者の荷物の破損と紛失の補償

引越し業者の荷物の破損と紛失の補償

 

 

まず、標準引越運送約款に
引越しの作業中や運送中に引越し会社のスタッフが
お客さんの荷物や家や人に損害を与えた場合、
引越し会社がそれを補償するという内容の文章がかかれています。

 

 

ただしこれは、引越し会社が
きちんと仕事をしていたと証明することが出来た場合は、
賠償責任を負わなくてもいいことになっています。

 

 

引越し会社が補償しないケースとして
いくつか例をあげておきます。

 

 

  • 通常の運び方でも壊れる可能性がある壊れやすい物や高価な物を申告していない場合
  • お客さんが梱包している途中や運んでいる途中に壊れた。
  • 運送中に引越し業者に過失がない事故で荷物が壊れた
  • 引越し会社に過失がない火事で荷物が焼失した。
  • 地震や台風などの天災で荷物が壊れた
  • 引越し会社が十分な注意を払っていると言える状態で紛失が起きた場合
  • ダンボールに外傷がなく、梱包をお客さんがしていて壊れた場合

 

 

これは、ある大手の引越し業者の例です。
補償されないケースも引越し会社によって違うので
事前に確認しておきましょう。

 

 

細かい補償内容が定められていない業者は、
トラブルがあっても
きちんと対応してくれないことが多いので
そのような会社に依頼しないようにしましょう。

 

 

引越し約款には、引越し後、3ヶ月以内
補償対象期間となっていますが
大手の引越し会社でも補償期間が1ヶ月のところもありますし、
中には、1週間という会社もあるので
できるだけ引越し当日に荷物の確認を済ませておきましょう。

 

 

 

荷造りの際に
ダンボールに番号と中身を書いておいて
必ず新しい住所に荷物を運んだら
すぐダンボールの数をチェックし、
高価な荷物から破損がないかチェックしていきましょう。

 

 

なにか問題があれば
携帯で写真を取って証拠を残し、
すぐ引越し会社に連絡を入れましょう。

 

 

補償金額も引越し業者によって異なります。

 

 

ある大手の引越し会社は、

 

人の怪我の補償 1億円
家の補償  1000万円
荷物の補償 1000万円

 

となっています。