引越しの手続きチェックリスト

引越しの手続きチェックリスト

 

 

引越し前に行う手続き

 

遅くても1ヶ月前
■今住んでいる賃貸物件の解約予告
引越しすると決まったら管理会社や大家さんに解約予告をしなければいけません。
いつまでにするかは、管理人賃貸契約書に書かれています。

 

 

■転校届の手続き
引越しをすることを担任の先生に伝えます。
学校から在学証明書と教科書給与証明証を発行してもらいます。
それを新住所の管轄の役場に提出しましょう。

 

 

■固定電話(NTT)の移転手続き
116に電話しましょう。
電話線が引き込まれていない場合は、
立会いが必要ですが
すでに電話線が引き込まれている場合は
特に立会いなどは不要です。

 

 

1週間前
■電気・水道・ガス会社へ連絡
それぞれの会社に電話して引越し日を伝えて
その日に止めてもらいましょう。
料金は、日割りで計算されます。

 

 

新しい住所の電気・水道・ガス会社にも
電話して引っ越す日から使用できるように
伝えておきましょう。

 

 

■郵便局での手続き
郵便局で郵便物の転移サービスの手続きをしましょう。
どこの郵便局でもいいので
転居ハガキをもらって記入してポストに入れましょう。
1年間は、旧住所宛の郵便が新住所に送られます。

 

 

■知人に送る引越しご挨拶状の作成
■引越し先の挨拶で渡す挨拶品の購入
■新聞をとっている場合は、いつ止めてもらうか連絡する

 

 

4、5日前
■転出届の手続き
本人確認できる物と印鑑を持って
現住所の管轄の役場に行きましょう。

 

転出届と一緒に
他の手続きもやっておけば
何度も役場にいかなくてもいいです。

 

  • 国民健康保険
  • 国民年金
  • 老齢年金
  • 乳児医療
  • 老人医療
  • 児童手当

 

 

 

引越し後に行う手続き

 

 

引越ししたらすぐやる
■転入届の手続き
新住所の役場で行います。
転出届の時にもらった「転出証明書」が必要。

 

  • 印鑑(登録するならその印鑑も)
  • 身分を証明できる物

 

を持って手続きをしましょう。
その他に下記の手続きも
一緒にやっておけば二度手間になりません。

 

  • 印鑑登録
  • 乳児医療
  • 国民健康保険
  • 老人医療
  • 国民年金
  • 児童手当
  • 老齢年金

 

 

引っ越ししたらすぐやる
■車庫証明の手続き
これをやらないと
自動車の登録変更の手続きができない

 

 

15日以内
■自動車の登録変更
引越しをしたら15日以内に
自動車の車検証に記載されている住所を変更しましょう。
手続きを行う場所は、引越し先を管轄する陸運支局です。

 

持っていく物

 

  • 車検証
  • 印鑑
  • 住民票
  • 車庫証明

 

 

ぼちぼちやる
■犬を飼っていたらペット登録変更
鑑札、狂犬病予防注射済証、印鑑を持って
役場に行って手続きを行います。
転入届の手続きをする時に一緒にしましょう。

 

 

■運転免許証の住所変更
免許更新の1ヶ月前の場合は、
更新の時にまとめてしましょう。

 

最寄りの警察署に

 

  • 免許証
  • 住民票
  • 写真1枚(他の都道府県に引越しの場合)

 

を持って手続きを行います。