引越しでの転校

引越しでの転校

 

 

子供がいる方が引越しをするケースでは、
子供の転校の準備もしなければいけません。

 

 

転校の手続きは、
小中高、私立、公立、
または、地域によって違います。

 

 

幼稚園と保育園

 

 

まず小さいお子さんがおられる方は、
幼稚園と保育園を探さないといけません。

 

 

幼稚園と保育園を探す場合は、
引越し先の新住所の自治体に問い合わせてみれば
いろいろ教えてくれます。

 

 

また、すでにお子さんを入園させたい
幼稚園、保育園が決まっている人は、
ネットで電話番号を調べて
直接聞いてみましょう。

 

 

入園の時期もあるので
引越し先が決まった時点で
早めに電話してみることをオススメします。

 

 

公立の小中学校

 

 

次に公立の小中学校のケースです。

 

 

このケースでは、
現在通っている学校から
在学証明書」と「教科書給与証明証
をもらいます。

 

 

担任の先生に

 

「転校するから在学証明書と教科書給与証明証をください」

 

と言いましょう

 

 

次に新住所の管轄の役場に行き、
転入届を出し、「転入学通知書」の交付を受けます。

 

 

そうすれば教育委員会から
入学する学校を指定されます。

 

 

あとは、指定された学校に
在学証明書」「教科書給与証明証」「転入学通知書
の3つを提出すれば完了です。

 

 

公立の高等学校

 

 

次に公立の高等学校のケースです。
公立の高等学校のケースでは、最初に
各都道府県の教育委員会に問い合わせましょう。

 

 

いくつか候補があるので
その中で希望した学校に欠員があって
さらに編入試験に通れば、入学できます。

 

 

高等学校のケースでは、
転入生を必ず受け入れてくれるわけではありません

 

 

私立の中学校・高校

 

 

次は、私立の学校のケースです。

 

 

私立の中学校や高校を希望するのであれば
各都道府県にある

 

 

  • 私立中学高等学校協会
  • 私学協会
  • 私立中学高等学校連盟

 

 

に問い合わせてみましょう。
この3つは、同じものですが
地域によって呼び方が違います。