住所が変わった後の車の登録変更

住所が変わった後の車の登録変更

 

 

引越しなどで住所に変更があった場合、
新しい住所を管轄する陸運支局に
自動車の変更登録申請をすることになっています。

 

 

この手続きは、新しい住所に変わってから
15日以内に手続きをすることなっています。

 

 

車の登録変更を行わないディメリット

 

 

この手続きをぜずに
そのまま車に乗っている人もいますが
車の登録変更の手続きをしないと
自動車税の請求が前の住所に発送されます。

 

 

また、車を売る時や廃車にする時に
車の所有者と商談する人が同じかチェックされますので

 

 

車を登録している住所と本人確認の住所が違うと
同性同名の人が他人の車を売る可能性があるため
前の住所に住んでいたことを証明する書類を
提出しなければいけません。

 

 

車の登録変更の手続きをしなければ
このようなディメリットがあります。

 

 

車の登録変更の手続きのやり方

 

 

ここからは、車の登録変更の手続きの
やり方を説明していきます。

 

 

手続きをする場所は、
新しい住所を管轄する陸運支局です。

 

 

管轄の陸運支局が同じ範囲での
住所変更の場合は、ナンバープレートは変わりません。
つまり、すぐ近所に引越しをする場合がこのケースですね。

 

 

しかし、管轄の陸運支局が変わる住所変更の場合は、
ナンバープレートも変わることになるので
手続きの際は、登録変更をする車に乗って行きましょう。

 

 

手続きにかかる手数料は、350円。
用紙代で100円。
ナンバープレートも変わる場合は、
その他にナンバープレート2枚で
2000円くらいかかります。

 

 

自動車の登録変更で用意するものは、

 

 

  • 車検証
  • 印鑑
  • 住民票(発行後3ヶ月以内)
  • 車庫証明(発行後1ヶ月以内の新しい住所のもの)

 

 

この4つです。
車庫証明は、発行までに1週間くらいかかるので
引越ししてからすぐ申請するようにしましょう。
また、手続きを自分でやらず
代理人に任せる場合は、委任状が必要になります。

 

 

その他に

 

 

  • 申請書
  • 手数料納付書
  • 自動車税申告書

 

 

が必要ですがこの3つは、陸運局で入手できます。

 

 

上記の書類を提出すれば、
新しいナンバープレートをもらえます。

 

 

まとめ
  • 自動車の変更登録申請は、15日以内にする
  • 変更登録をしないと自動車税の請求が旧住所宛に送られる
  • 変更登録をしないと名義変更、廃車の時に困る
  • 変更登録を申請する場所は、新しい住所を管轄する陸運支局。
  • 車検証、印鑑、住民票、車庫証明が必要。
  • 管轄の陸運局が変わる場合は、ナンバーも変わる。
  • ナンバープレートが変わると全ての手数料が2500円程になる。