運転免許の住所変更

運転免許の住所変更

 

 

引越し後は、運転免許証の
住所変更をしなければいけません。

 

 

「めんどくさいからそのままでいいや」

 

 

と思う人も多いですし、
実際にそのままにしていても
罰則はないので問題ありませんが

 

 

運転免許証というのは、
本人確認の時によく使います。

 

 

引っ越したばかりの時は、
その地域で新たなサービスを受けるために
なにかといろんなサービスに登録することが多いですが
その時に運転免許証を提示して
本人確認することがあります。

 

 

住所が前の住所だと登録できないケースもあるので
運転免許証の住所は、
書き換えておいたほうがいいでしょう。

 

 

また、運転免許証の更新時期が近づくと
運転免許証に記載されている住所に
更新通知が発送されます。

 

 

更新通知が届かず、
運転免許証の更新を忘れてしまう人もいます。

 

 

ですから引越しで住所変更があったら
運転免許証の住所変更の手続きをしておいた方がいいでしょう。

 

 

更新手続きは、無料で行えます。

 

 

手続きを行う場所は、
住所を管轄している警察署or運転免許センターです。

 

 

手続きに必要なものは、
旧住所と新住所が同じ都道府県の場合と
違う都道府県の場合で異なります。

 

 

旧住所と新住所が同じ都道府県の場合

 

 

  • 運転免許証
  • 印鑑(認印でもOK)
  • 住民票や郵便物など新しい住所を確認できるもの

 

 

自分で用意するのは、この3つです。
あとは、警察署or運転免許センターで
運転免許証記載事項変更届」をもらって記入しましょう。

 

 

旧住所と新住所の都道府県が違う場合

 

 

この場合は、「旧住所と新住所の都道府県が同じ場合」に
必要な物で上げた

 

 

  • 運転免許証
  • 印鑑(認印でもOK)
  • 住民票や郵便物など新しい住所を確認できるもの

 

 

の3つに加えて
免許に使う写真が1枚必要になります。
カラー又は白黒、縦3cm×横2.4cmで
6ヶ月以内に撮影した写真です。

 

 

もし結婚などで苗字が変わっている方は、
本籍地の記載のある住民票も必要です。

 

 

運転免許証の住所変更の手続きは、すぐ終わります。

 

 

その場ですぐに免許証の裏側の備考欄に
新しい住所が記載されます。

 

 

また、運転免許証の更新日がもうすぐ来るという方は、
免許の更新の時に住所の変更手続きも
まとめてすることができるので
その時に一緒にしてしまいましょう。