引越し費用

引越し費用を安く抑える方法

 

 

このページでは、

 

 

少しでも安く、引越し業者に依頼するには、
どうすればいいのか?

 

 

ということについて細かく説明していきます。

 

 

 

 

私は、仕事の関係で何回も引越し経験があります。

 

 

その経験から
どうやれば引越し費用を安く抑えられるか
まとめてみました。

 

 

この方法を使えば
引越しの規模にもよりますが
1〜10万円くらいは、安くできると思うので
ぜひ使ってみてください。

 

 

まず最初に引越し業者を決めなければいけません。

 

 

一番ダメなやり方は、
1社のみに見積もりを頼んでしまうことです。

 

 

「どこがいいかわからないから
 この前、CMで見た大手の引越し業者に頼んでみるか。。。」

 

 

よくあるパターンですが
これをやると引越し業者が一番喜びます。

 

 

なぜなら高い見積もりを出しても
そのまま受け入れてくれるお客さんが多いからです。

 

 

お客さんにすれば、引越しの相場がわからないので
提示された見積もりを見て、
「こんなもんかな。。。」と仕方なく承諾してしまいます。

 

 

引越しをする時にネックになるのが
引越し料金の相場がわからないという点です。

 

 

まずそれを知るために
必ず、何社かの見積もりを出してもらい、

 

  • あなたの引越し条件での相場は、いくらか?
  • どこの引越し業者が安いのか?
  • 引越し業者によってサービスがどう違うのか?

 

ということを把握しなければいけません。

 

 

引越し料金というのは、
引越し業者によって本当にさまざまですし、

 

 

引越しの距離や荷物の量や
その時の業者の忙しさによって
ケースバイケースで
どこの業者が安いというのが変わってきます。

 

 

また同じ引越し業者に
似たような条件の見積もりを出してもらっても
交渉のやり方次第で違った見積もり金額を出してきます。

 

 

ですから
この引越し業者が安いと評判だから
ここに頼むという考え方は、間違っています。

 

 

必ず複数の引越し業者に見積もりを出してもらってから
今、一番安い業者を選びましょう。

 

 

引越しの口コミサイトで
実際に見積もりをしてもらった方の例を上げます。

 

 

広め1LDKの引越しです。
大手4社に見積もりを依頼

 

1社目 サカイは30万円
2社目 アートは18万円
3社目 クロネコは17,5万円
4社目 ハートは12万円

 

 

高級インテリアが多くあるので
高くなったのでしょう。。。

 

 

来月1日の引越しで4社に見積もり。
家族で近距離での引っ越し!2DK→3DK!

 

 

1社目は、ファミリー引越し。
即決してくれるなら39000円

 

2社目は、アリさん引越し。
梱包も全部して45000円。

 

3社目は、ハート引越しセンター。
80000円で値下げも無理で梱包も自分でしてくれと言われた。

 

4社目は、岡田引越しセンター。
40000円って言われた。
梱包は自分達でするとのこと。

 

アート引越し、アリさん、アーク引越し、引越しのサカイの4社に
訪問見積もり。
エアコン工事込みの単身引越しで
アート引越し、アリさん、アーク引越しは、27000円前後でしたが
引越しのサカイだけ47000円。

 

 

 

このように引越し業者によって料金がかなり変わってきます。
必ず複数の業者に見積もりを出してもらうことが重要です。

 

 

次に重要なのが一括見積もりサイトを使うことです。

 

 


なぜ一括見積もりサイトを使ったほうがいいのでしょうか?

 

 

それは、「見積もり価格を複数の業者で比較しますよ」
と、それぞれの引越し業者に知らせるためです。

 

 

一括見積もりサイトから申し込むと
あなたの住所に対応していて
一括見積もりサイトに登録している引越し業者に
「お客さんから申し込みがありましたよ」と連絡がいきます。

 

 

この時点で引越し業者は、
あなたが複数の業者に見積もりを依頼していることを知ります。

 

 

つまり、引越し業者側にすれば
高い見積もり価格を出してしまうと
他の業者に仕事を取られるということを意味しています。

 

 

ですから引越し業者は、他の業者に負けまいと
がんばった見積もり価格を出さざる得ないのです。

 

 

一括見積もりで申し込むということは、
引越し業者に「安くしてくれた引越し業者に依頼するよ♪」
と言ってることと同じなのです。

 

 

他にも一括見積もりサイトを使うメリットとして
複数の業者に1回の入力で
まとめて依頼できるというメリットがあります。

 

 

引越しの依頼をする時の
入力画面には、荷物の項目で入力する箇所が多いので
何回もやってると嫌になってきます。

 

 

1回の入力で複数の業者に
まとめて依頼できるのは、とても便利です。

 

 

次に一括見積もりのサイトは、いろいろありますが
「どこに頼めばいいのか?」ということです。

 

 

これは、信用できる会社が運営している
サイトで申し込みましょう。

 

 

私がよく利用しているのは、
「引越し価格ガイド」というサイトです。

 

 

 

 

このサイトには、全国の引越し業者が
100社以上が登録していて誰でも知っている大手の業者から
地域密着の中小の業者まで登録しています。

 

 

そしてこのサイトを運営している会社は、
東証一部上場企業の「エイチーム」が運営しています。

 

 

この会社の良いところは、
登録されている業者の選定基準がしっかりしていて、
変な業者が登録できないようになっています。

 

 

登録時の選考とその後の監視を徹底しているので
女性の方も安心して依頼できると思います。

 

 

一括査定をやっている会社の中には、
安さだけを売りにした業者の
寄せ集めのサイトなどがあります。

 

 

そういうところで依頼した方の口コミを見ていると
荷物の破損や紛失があったのになんの弁償もなく、
言い訳ばかりだったという口コミもあります。

 

 

安くても嫌な思いをしたら意味が無いので
一定の基準を満たした引越し業者から
選べる一括見積もり業者から選びましょう。

 

 

一括見積もりを依頼したら
次は、正式見積もりになります。

 

 

一括見積もりを依頼したら
引越し業者から連絡があるので
日時を指定して実際に家に来て、
正式見積もりを出してもらいます。

 

 

この時のポイントができるだけ
地域密着型の中小の引越し業者から呼びましょう。

 

 

そちらの方が引越し料金が安い傾向があるからです。

 

 

そして中小の引越し業者に
出してもらった正式見積もりを
次に来る引越し業者の値引き交渉に使うのです。

 

 

引越しでは、正式見積もりの際の値引き交渉は、
当たり前になっているので
遠慮せずに使いましょう。

 

 

「さっき来た引越し業者は、この金額でしたよ♪」

 

 

これを伝えるだけでいいです。
あとは、安くしてくれたら
第一候補になりますし、
ダメなら断ればいいだけです。

 

 

引越し業者の中には、
その場で即決を求めてくる業者もありますが
そこは、気にしなくてもいいです。

 

 

同じ日に時間をズラして
複数の業者に来てもらうようにしておいて、
今日中に連絡すると伝えておきましょう。

 

 

また「安くして!」の繰り返しでは、
値引き交渉に応じてくれない引越し業者もあります。

 

 

そのような引越し業者には、
値引きする理由を作ってあげましょう。

 

 

効果的なのは、

 

 

「そちらのスケジュールに合わせますので
 安くできませんか?」

 

 

という頼み方です。

 

 

月初、月末は、避ける。
土日は避けて平日にする。、
午前は避けて午後にする。
大安の日は、避けて仏滅の日にする。

 

 

このような時は、
引越し業者のスケジュールが
忙しくない時なので業者も喜びます。

 

 

ただし、スケジュールが埋まってしまうと
意味がないので引越し先が決定しているのなら
申し込みだけは、早めにしておきましょう。

 

 

まとめ

 

引越し業者の料金を少しでも安くする方法

 

@一括見積もりサイトを利用して、
引越し業者に見積もり価格を競らせる。
おすすめの一括見積もりサイトは、こちら

 

 

 

 


A中小の引越し業者から順番に呼ぶ。

 


B安い業社の正式見積もりを使って
後からくる大手の業者に値下げ交渉をする。

 


C値下げを渋る引越し業者には、
引越しの日時などを妥協するなどして
業者側に値下げする理由を作ってあげると
値下げに応じてくれることがある。